機密文書とシュレッダー

「機密文書の処理」ということがあります。
こう言うと、どんな場面を思い浮かべるでしょうか?

現在、わたしたちが「機密の書かれた文書を処理する」というときには、それは社会的に外に漏れることが好ましくない、と思われるような内容のある文書を処理する、ということになります。
それは何もうしろめたいことばかりではなく、とかく情報というものが大事になった時代です。
さまざまな事情からこの機密情報を処理するけれども、中身が明らかにされると我々にとって不利益になる、と考えられた場合の文書が、「機密文書」ということになるのです。

今、もっともポピュラーな書類の処分の方法としてあるのは、シュレッダーではないでしょうか。
シュレッダーの前に立ち、何枚かずつ書類を投入口に入れていき、細切れに裁断された書類の残骸を見て判読が不能になったことを確認して一丁あがり、といった感じではないでしょうか。

シュレッダーというのは裁断機のことで、60年代以降、かたちを変えながら常にオフィスで書類を処分するための機械として使われてきたものでした。
しかし、時代が変わり、処分しなければならない情報のかたちも書類だけではなく、さまざまなメディアが用いられるようになっていきました。
シュレッダーは、その変化にどのように対応しているのでしょうか。また、そのほかの機密文書の処理ということには、どんな手段があるのでしょうか?

安全に機密文書の処理が必要になった時には、便利なサービスを利用するのがおすすめ。セキュリティもしっかりしているから安心ですよ。

Category
Calendar
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031